Major Crimes〜重大犯罪課 ファイナルシーズン 6話「陰謀のセオリー: パート1」

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 ファイナル・シーズン 前半セット(1枚組/1~5話収録) [DVD]

こんな話・あらすじ

女性弁護士が夜に射殺されてしまう。キャバクラ的レストランで働く女性達がオーナーを不当解雇で訴えており、彼女は担当弁護士だった。重大犯罪課が捜査にあたる。

キャラクターの動きや注目シーン

捜査中に出会いを求めるノーラン

夜に車の中で女性弁護士ボニー・パールが射殺されているのが発見されます。平和な街で起きた事件で重大犯罪課がさっそく捜査を開始します。現場からは別々の銃弾が発見されますが、のちの捜査でこれは同じ銃から発射されたものであることがわかります。不思議ですね。

さっそく怪しいとして名前が出たのがクレイグ・カーティス。元アメフトとのスター選手で怪我で引退しており、タックルズというレストランチェーンを経営しています。
ボニーはクレイグを不当解雇のかどで訴えようとしている女性達の弁護士でした。重大犯罪課の面々がさっそくボニーの弁護士事務所へ。

今回はノーランがガツガツしています。不当解雇された訴えのために弁護士事務所にいるタックルズの女性達の聴取を買って出ました。目的をタオにこっそり喋っています。これは実は出会いを求めてのことなのです。美人がたくさんいてお近づきになろうとしてますね。潜入捜査中はそういうこともできなかったみたいですし。

ノーランは割とスラッとした色男で人気が出そうなものですが、出会い自体がないとどうしようもないということですかね。今回の最後ではペイジをも口説こうとします。

ボニーの息子の弁護士や、ボニーを恨んでいた映画監督、そしてクレイグ・カーティスと、なんか嫌な感じの男性が大勢出てきます。全員怪しそうですが4話も続く話ですので、知能犯っぽい人が犯人でしょう。しかしそれに当てはまりそうな人がいません。困った。ただクレイグの友人のリック・フォックスなんか怪しいですね。

ラスティとガスの関係

シーズン5ではラスティはガスから離れることを考えており、それぞれのキャリア優先で別れたような格好になっていたという認識なのですが、前の話でレイダーの結婚式にガスも来ていて、まだ関係は終わっていなかったのかと驚きました。というか今シーズンはもうガスは出てこないのかと思っていたぐらいです。

ガスはレストランの副料理長を任されていたはずでしたが、男の店長エイデンと複数回寝たあとに別れたことで嫌われてしまい、解雇されてしまいました。他のレストランへの推薦状も書いてもらえず、今はウェイターで糊口をしのいでいるようです。料理の腕の振るいがいがないですね。

ガスが自分以外と寝たことで怒りが収まらないラスティはまた別れを決意しますが、レイダーに事情を話したところ予想外のアドバイスを受け、動き出します。

今回は訴えている女性の1人であるヴァネッサが特にボニーと親密にしていたことがわかり、ノーランとペイジが向かったところで次回へ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加